恋愛診断ハニホーのイメージ rocket_launch まずコチラ
完全無料の性格診断と恋愛診断
診断を極めたハニホー!

tips_and_updates ハニホーってどんなもの?

◆我々は、性格診断や恋愛診断・恋愛に関するコンテンツを提供しています。
◆楽しい診断だけではなく、恋愛に役立つツール(アプローチ方法を提案する、別れるべきか判定する、等)を提供します。そして「恋愛に悩んだらハニホー」「恋愛といえばハニホー」を目指しています。
◆名前と生年月日だけ入れて適当な結果を出すわけではありません。日々の恋愛や心理の研究から診断づくりをしています。なお、新しい診断ほど精度が高い傾向にあります。
◆あなたの目が確かならば、他のサイト等とは段違いの内容であることがお分かりいただけると思います。
◆とても健全な内容で安全です。
◆前身となるサイトから26年運営されています(開始1996年)。
◆ぜひ末永くお楽しみください。

tips_and_updates 診断はあてになるの?

このような隅のほうまで興味を持っていただいたことに感謝します。ハニホーがどれほどのことを考えて診断しているかを理解するには、下記のサイトに行って、かなり下のほうにある「コラム」をいくつか読んでみてください。あまり辿り着かないような場所にあります。

片想い相性恋愛診断性格診断彼氏彼女結婚復縁遠距離恋愛同棲不倫

ハニホーの作者(「恋愛の学校」の校長)は、一つ一つが数千字にもなるような相談に、旧サイトから合わせて3400件以上も回答してきました。そこで培ってきたものがよく伝わると思います。心理学などの学者よりも遥かに恋愛の現場を見てきて、また「ただ恋愛をたくさんした人の経験談」より遥かに体系立てられた哲学や恋愛観を持つ、ここハニホーにこそ「芯を食った」内容があるということがお分かりいただけることでしょう。

tips_and_updates 診断はどう作る?

下記コラムが参考になるでしょう。

性格診断の作り方恋愛診断の中身

おふざけではないですし、バーナム効果(誰にでも当てはまるようなことで当たった気にさせる効果)を狙ったものでもないのです。

tips_and_updates 当たる?当たらない?

本当に当たらないこともたまにあるのですが、中には「極端に盛った写真にうるさい」などの攻めたコメントで「当たらない」と思われる方もいます。

診断結果のコメントには、「あざとい」のように抽象的に性格を表すものと、「極端に盛った写真にうるさい」のように具体的なことに言及する勝負に出たコメントが混ざっています。勝負に出たコメントは、具体的なだけあって、そのまま捉えると「べつに写真にごちゃごちゃ言いませんけど?当たってないなぁ」ということになりやすいのですが、当たらないと捉えずに「そういう風な人だと思われている(盛った写真にうるさそうな人だと思われている)」と捉えてください。とはいえ、勝負に出たコメントすら、当てに行っているものがほとんどです。

全体感としては、抜群によく当たります!

tips_and_updates どの診断をやれば?

恋愛診断も性格診断も、日々、研究を重ねて作成されています。新しいものほど、分析の鋭さ、表現や結果パターンの多さ、精度が段違いなのです。

あなたの落とし方ワンツースリー 最新作はお手軽にできるお遊び系の恋愛診断で「新生!あなたの落とし方ワンツースリー」です。分析量が物凄い・・・というわけではありませんが、気軽に楽しい診断を求めている方はこれが良いでしょう。

トレカ恋愛診断 恋愛で自分を分析したい方は、今なら「トレカ恋愛診断」です。イロモノに見えますが、結果がトレカ風になっているだけで、診断の鋭さは現在「圧倒的」な一位です。次点で「恋愛の履歴書」でしょう。

トレカ性格診断 自分の性格を分析したい方は、今なら「トレカ性格診断」です。こちらも性格診断の鋭さとしては、一番です。どれほど人の本質を捉えているか、よくお分かりいただけるはずです。次点で「性格の履歴書」でしょう。

才能を診断するもので根強い人気があるのは「才能と性格を見抜く性格診断」です。オーソドックスで安定した人気があります。

tips_and_updates その他の用途

気になる人との相性診断を(一人で)やりたい

軽めの気持ちなら「普通の相性診断」で、本気でやるなら「全てを含んだ相性診断」へどうぞ。

相性診断を好きな人と二人でやりたい

二人でやる相性診断」へどうぞ。

片想いの人を知りたい

好きな人について」のサイトに行くと、相手の分析、相手の気持ち、自分の気持ちまで診断できます。

他にも、結婚、復縁、不倫、彼氏彼女、同棲など、それぞれのテーマに沿ってたくさんの恋愛診断や性格診断があります。ぜひ利用してみてください。

< 同棲について:TOPへ戻る

同棲すべきか、同棲しても大丈夫か、考える2

様々な同棲について言えること

この記事は、「同棲すべきか、同棲しても大丈夫か、考える1」の続きです。先に「結婚の予行演習としての同棲」について語りましたが、単に「もっと一緒にいたい」という理由で同棲を考えている人もいることでしょう。「一緒に住んで、お金を節約したい」という理由で同棲を考えている人もいることでしょう。

それらの場合でもいろいろ心配はありますよね。一緒に生活することで幻滅したり幻滅されるのではないか、せっかく好き同士なのに同棲したせいでうまくいかなくなるのではないか、飽きてしまうのではないか、別れたくても別れにくくなってしまうのではないか、等。冷静に考えれば、ほとんどのカップルはいつか別れるというのに、同棲するなんてリスクが高すぎる、と考える人もいるかもしれません。

その同棲への不安は、妥当です。結婚ほどではないとしても、同棲には様々なリスクがあり、二人の関係を難しくするような罠がたくさんあります。同棲しなければ、お金のことでもめなかったかもしれません。同棲しなければ、もっと外にデートにいけたかもしれません。

それでも同棲する?

同棲のメリットやデメリット」でいろいろと挙げましたが、これらを踏まえて考えると、怖くなってきますよね。結婚を意識しているわけでもないのに同棲して良いのでしょうか。

同棲することで、普通に付き合っているだけではなかなか得られないものが得られます。当たり前のように一緒にテレビを見る時間があること、二人で深夜にコンビニにいって夜食を買うこと。いずれ別れてしまったときに、そういった時間を過ごしたことは、無駄になるわけではないでしょう。また、永遠を信じて誰かと関係性を築くことや同棲を経験することが未来にも役立つでしょう。

後先考えずに衝動に従うことでしか得られない喜びもあります。たとえ手痛い結末がきたとしても、リスクを恐れて大胆なことを全くしない人より、納得感があったり濃厚さがあったり成長が早いということもあるでしょう。同棲のリスクばかりを見て動かないことが最善、とも限らないのです。

でも・・・。それでも、同棲には、不安やリスクがつきまといますよね。いくら後先考えないと言っても限度があります。ですから我々は「致命的な問題がなければ」同棲しても良いのではないかと考えます。ここからは、その致命的な問題について触れたいと思います。

こういう人は同棲しないほうが良い

ここで言う「致命的な問題」とは、同棲したら取り返しがつかないことになる、損害が大きくなりすぎる、というリスクをはらんだ問題です。ぜひ参考にしてみてください。

◆同棲を解消したときに、行き場がない。同棲を解消するお金がない。

同棲を解消した場合に行き場がない、またはお金がないような人は、むしろ同棲したほうが良いような感じもしますが、それは間違っています。行き場がない人や同棲を解消するお金がない人は、同棲においても心に余裕を持てませんし、二人の間で立場も不利になりやすいでしょう。うまくいっているときは良いのですが、少しでも対立的になったときに、とても精神が不安定になります。些細なことで卑屈になったり、被害者意識が強くなったりもします。

それだけならまだ良いのですが、最大の問題は別れ際です。別れ際には、行き場がない、お金がない、という状態ですから、別れないよう必死にならざるを得ませんし、そういう状態になれば関係の立て直しは不可能ですし、こちらが必死になればなるほど相手から猛烈に嫌われて深い心の傷を負う可能性も高いでしょう。人によっては、ただでさえ別れることで悲しいのに、別れる相手から借金せざるを得なくなったり、苦しい中で引っ越し先を探すなどの負荷がかかったりもします。

ですから、同棲を解消したときに自力でどうにかできる目途が立たない人は、同棲しないほうが良いでしょう。

◆相手の嫉妬や束縛が激しく、責める口調や切り捨てる口調が強い。

特に我慢しやすかったり「自分が悪いのか」と考えすぎてしまうタイプの人は、よく心得ておいてください。

相手が嫉妬しやすいタイプなだけならまだ良いのですが、責める口調が強かったり、あえて「浮気でもなんでもしていいよ。そういう女だと思うだけ」などと切り捨て発言をよく使うような人とは、同棲してはいけません。なぜなら、その嫉妬心や束縛したい心が、攻撃性を伴って表に出るからです。攻撃性を伴うと、その人はDVに走り始めたり、別れるときにストーカー化するなどして、関係は泥沼に陥ります。

単にそういう人とは付き合っていくのが難しいという意味ではありません。同棲の空間が恐怖で支配されて動けなくなったり、別れたいのに、生活やお金などをいろいろと人質に取られて身動きが取れなくなったりするから、です。同棲という狭い空間で、DVやモラハラ気質の人と過ごしていくのは、地獄なのです。

特に、こういった相手は我慢しやすい性格の人と付き合う確率が高いのですが、あなたが我慢しやすいタイプの場合、同棲における相性は最悪だと思ってください。

その他

先に挙げた二つのケースは、最も「同棲しないほうが良いケース」だと言えますが、細かく言えば他にもいろいろあります。下記は「ちょっと同棲するのは心配」というレベルで眺めてください。

◆二人のうちどちらかが、同棲に納得していない。
◆二人のうちどちらかが、恋愛の楽しい部分や都合の良い部分だけを欲しがるタイプ(話し合いなどを拒否する等)。
◆二人のうちどちらかが、何気ない日常に価値を感じない。当たり前の日々を単に退屈だと捉えてしまう。
◆二人のうちどちらかがグングンと世界を広げていて、もう片方が、落ち着きたがったり安定を求めている。
◆二人のうちどちらも、生活力や社会常識が足りない。単純に若すぎる等。

どのカップルにでも一つぐらいは当てはまるかと思いますが、三つ四つと当てはまったり、同棲のメリットに対してこうした心配事が多すぎる(強すぎる)場合は、同棲しないほうが賢明でしょう。

何度も言いますが、同棲に挑んで、幸せな日々を味わい、いつか悲しい結末がきたとしても、その同棲が失敗であったとは言えません。人生が壊れるかのような代償を払わされるのは避けたいところですが、もしお互いに同棲への強い衝動があるのなら、後先考えずに挑んでみるのも良いでしょう。

≪同棲すべきか、同棲しても大丈夫か、考える1
同棲と親への挨拶≫

※本サイトは、読み流すだけで成長する「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。相談すれば回答があるかも?

【SNSでの共有】
+シェア用テキスト+
テキストエリアをタップする
だけでコピーできます。
send to Twitter send to Facebook send to Mixi other
フェイスブックでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「シェア」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了




cancel 閉じる
mixiでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「mixiチェック」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


send to mixi
cancel 閉じる
ブログやメール、その他のSNSでこのページについて共有したい場合は、下記のテキストをコピーすると便利です。どうぞご利用ください。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


cancel 閉じる
 
同棲について:TOPへ戻る