恋愛診断ハニホーのイメージ rocket_launch まずコチラ
完全無料の性格診断と恋愛診断
診断を極めたハニホー!

tips_and_updates ハニホーってどんなもの?

◆我々は、性格診断や恋愛診断・恋愛に関するコンテンツを提供しています。
◆楽しい診断だけではなく、恋愛に役立つツール(アプローチ方法を提案する、別れるべきか判定する、等)を提供します。そして「恋愛に悩んだらハニホー」「恋愛といえばハニホー」を目指しています。
◆名前と生年月日だけ入れて適当な結果を出すわけではありません。日々の恋愛や心理の研究から診断づくりをしています。なお、新しい診断ほど精度が高い傾向にあります。
◆あなたの目が確かならば、他のサイト等とは段違いの内容であることがお分かりいただけると思います。
◆とても健全な内容で安全です。
◆前身となるサイトから26年運営されています(開始1996年)。
◆ぜひ末永くお楽しみください。

tips_and_updates 診断はあてになるの?

このような隅のほうまで興味を持っていただいたことに感謝します。ハニホーがどれほどのことを考えて診断しているかを理解するには、下記のサイトに行って、かなり下のほうにある「コラム」をいくつか読んでみてください。あまり辿り着かないような場所にあります。

片想い相性恋愛診断性格診断彼氏彼女結婚復縁遠距離恋愛同棲不倫

ハニホーの作者(「恋愛の学校」の校長)は、一つ一つが数千字にもなるような相談に、旧サイトから合わせて3400件以上も回答してきました。そこで培ってきたものがよく伝わると思います。心理学などの学者よりも遥かに恋愛の現場を見てきて、また「ただ恋愛をたくさんした人の経験談」より遥かに体系立てられた哲学や恋愛観を持つ、ここハニホーにこそ「芯を食った」内容があるということがお分かりいただけることでしょう。

tips_and_updates 診断はどう作る?

下記コラムが参考になるでしょう。

性格診断の作り方恋愛診断の中身

おふざけではないですし、バーナム効果(誰にでも当てはまるようなことで当たった気にさせる効果)を狙ったものでもないのです。

tips_and_updates 当たる?当たらない?

本当に当たらないこともたまにあるのですが、中には「極端に盛った写真にうるさい」などの攻めたコメントで「当たらない」と思われる方もいます。

診断結果のコメントには、「あざとい」のように抽象的に性格を表すものと、「極端に盛った写真にうるさい」のように具体的なことに言及する勝負に出たコメントが混ざっています。勝負に出たコメントは、具体的なだけあって、そのまま捉えると「べつに写真にごちゃごちゃ言いませんけど?当たってないなぁ」ということになりやすいのですが、当たらないと捉えずに「そういう風な人だと思われている(盛った写真にうるさそうな人だと思われている)」と捉えてください。とはいえ、勝負に出たコメントすら、当てに行っているものがほとんどです。

全体感としては、抜群によく当たります!

tips_and_updates どの診断をやれば?

恋愛診断も性格診断も、日々、研究を重ねて作成されています。新しいものほど、分析の鋭さ、表現や結果パターンの多さ、精度が段違いなのです。

あなたの落とし方ワンツースリー 最新作はお手軽にできるお遊び系の恋愛診断で「新生!あなたの落とし方ワンツースリー」です。分析量が物凄い・・・というわけではありませんが、気軽に楽しい診断を求めている方はこれが良いでしょう。

トレカ恋愛診断 恋愛で自分を分析したい方は、今なら「トレカ恋愛診断」です。イロモノに見えますが、結果がトレカ風になっているだけで、診断の鋭さは現在「圧倒的」な一位です。次点で「恋愛の履歴書」でしょう。

トレカ性格診断 自分の性格を分析したい方は、今なら「トレカ性格診断」です。こちらも性格診断の鋭さとしては、一番です。どれほど人の本質を捉えているか、よくお分かりいただけるはずです。次点で「性格の履歴書」でしょう。

才能を診断するもので根強い人気があるのは「才能と性格を見抜く性格診断」です。オーソドックスで安定した人気があります。

tips_and_updates その他の用途

気になる人との相性診断を(一人で)やりたい

軽めの気持ちなら「普通の相性診断」で、本気でやるなら「全てを含んだ相性診断」へどうぞ。

相性診断を好きな人と二人でやりたい

二人でやる相性診断」へどうぞ。

片想いの人を知りたい

好きな人について」のサイトに行くと、相手の分析、相手の気持ち、自分の気持ちまで診断できます。

他にも、結婚、復縁、不倫、彼氏彼女、同棲など、それぞれのテーマに沿ってたくさんの恋愛診断や性格診断があります。ぜひ利用してみてください。

< 同棲について:TOPへ戻る

同棲と生活(同棲のコツ)

同棲で、仲良くやっていくためには?

恋愛に、お金や仕事など「恋愛以外のこと」が絡んでくると、二人がうまくいかなくなるリスクは高まります。同棲は、家賃や生活費などのお金、家事、などが絡んできますから、普通に付き合っていくよりも関係維持の難易度は上がるでしょう。また、単純に四六時中一緒にいるという理由で、摩擦が生じやすいとも言えます。

二人が仲良くやっていくためには何より「愛」が重要ですが、ここでは、生活や接し方などのコツを解説したいと思います。

同棲のコツ1:同棲における家賃負担や間取り(部屋割り)は?

家賃については、お金の出し方に不公平感があると、恋愛にももちろん響いてきますから、基本は割り勘が良いのですが、それぞれ事情もあることでしょう。お互いに納得のいく形であれば、それでかまいません。彼氏のほうが多く出しているカップルはこうなるだとか、家賃の分担の仕方によって同棲がどうなっていくか語れるものではありません。

また、別々の部屋で寝たほうが良いかや、ワンルームはやめたほうが良いかなど、間取りや部屋割りも、それぞれの事情に合わせて良いでしょう。一緒にいると眠れないとか、いろいろ事情があるかと思います。

ここで間違えないでほしいのは、家賃負担や間取りなどが二人の仲に及ぼす影響というのは軽微であり、もしそのせいで不仲になったように見えたのなら、たいがいは他の点に問題があるということです。例えば別々の部屋で寝ることで二人に亀裂が走ったように思えたのなら、そのことで気持ちがお互いに分からなくなるようなコミュニケーションの無さや、ちょっとしたことで不信感を抱くような心のわだかまりが問題なのです。例えば家賃負担や部屋割りなどで亀裂を生じやすい状況が生まれたとしても、仲が良ければ、それを修正できるはずですから。

同棲のコツ2:余裕を作り合う

我々の人生にはいろいろなことが起こります。口内炎ができた、友達に服を褒められた、好きな歌手と握手できた。そういった様々な良いことや悪いことは、「心の余裕」を左右します。この心の余裕は、ライフゲージのようなもので、どれだけ前向きでいられるかを左右します。また、心の余裕は、ある程度のストレスを前向きに受け止めるためのクッションにもなりますし、次なる活動をするためのエネルギーにもなります(その活動がまた心の余裕を生むでしょう)。

心の余裕がなくなると、気持ちが殺伐として同棲の空間が不穏な空気に包まれますし、余裕がなくなったほうは、もう一人の余裕を奪いに来るでしょう。パートナーの余裕がなくなれば、自分に跳ね返ってくるのです。ですから、余裕の奪い合いになってはいけません。思いやり、感謝し、相手の心を守ることを大事にして、お互いに余裕の作り合いをしなければいけないのです。相手の心の余裕を作ろうとすることが自分の心の余裕を維持することにも役立ちます。

心の余裕を作るためには、寛容さも重要です。きっちり頑張らせるより、サボりたい心を認め、適当さやユルさを大事にする、などというのも役立つでしょう。それが自分の気楽さにも跳ね返りますし、結果として良い循環を生み、同棲生活を平和に進めることにつながるのです。

同棲のコツ3:何をやったかを比べない

おれは何時間仕事をした、私は掃除と洗濯をした、などとスコアをつけるかのように「何をやったか」を比べてはいけません。体力のない人や、精神が不安定な人、その他さまざまな人がいます。人の活動量は、人によって(事情によっても)違ってきますから、例えば体力がなくて不眠症の人に、活動エネルギーに溢れた人が「同じだけ頑張れ」と言っても無理なのです。

大事なことは「その人なりに同じぐらい頑張っているかどうか」です。相手の100%の頑張りは、自分の60%の頑張りより、少ない活動しか生み出せないかもしれません。そういうときに、相手の頑張りを認めることができるでしょうか。

仕事量や収入の多さを比較して「自分はこんなに頑張っているのに。こんなに結果を出しているのに」と言い過ぎるのは避けましょう。相手の生み出すものが少ないとしても、自分より頑張っているのかもしれませんから。

同棲のコツ4:役割分担や当番制にしない

同棲する際に、二人の役割を決めたり当番制にするのは、あまり良くありません。稀に門限まで決めるカップルがいますが、二人の間にルールが少ないほうが良いのです。

例えば「今日は彼氏の掃除の日」と決まっていた場合、その日は精神状態が良くなくてあまりやりたくないとして、ストレスがかかります。ちゃんとそのことについて彼女と話し合うというのもストレスがかかりますよね。でも、掃除をしなければ不信感が生じ、亀裂が入ります。

ルールを決めるというのは、「お互いに信頼し合うという面倒くささ」を省略できるという利便性があるから、定められるのです。でも、不信感から生じたルールですから、二人を縛り、新たな不信感を生む元になります。ルールは、よほど仕方がないこと以外、設けないほうが良いのです。ぎりぎりまで信頼と自由を大事にしないといけませんし、ルールが増えないようお互いに信頼に応えようとしなければいけません。

家事などは「一人で全部やるつもり」でいましょう。二人ともが「一人で全部やるつもり」でいましょう。どちらかが担当でどちらかがお手伝い、という形になってもいけません。気付いた人が洗濯をする。「洗剤が残り少ないな」を二人ともが共有していたほうが良いのです。掃除についても、一人でやるつもりだからこそ、部屋を汚しません。

例えば彼氏が仕事で忙しく、彼女がさほど忙しくない人だとしたら、家事については役割分担をしたくなるところですが、やはりやめておきましょう。ただただ、二人ができるところまでやれば良いのです。彼氏は仕事で80%まで疲れた、10%だけ家事をした。彼女は仕事で60%まで疲れた、30%だけ家事をした。二人とも90%ぐらい頑張った、二人ともに少し余裕が残ったね、で良いのです。これを当番制にすると、柔軟にいきません。仕事が楽だった日、仕事に疲れた日、体調が良くない日、いろいろありますから。

同棲のコツ5:どうでもいいことや何気ない日々を大事にする

せっかく同棲したのですから、同棲していないカップルには味わえないことを大切にしましょう。ただ一緒にテレビを見るとか、たまに花を買ってきて花瓶に挿すとか、深夜に二人でコンビニおでんを買いにいくとか、そういうことです。

もっと言うならそれは、一緒にいること、絆、お互いの存在を大きくして大切だと感じること、つまり「愛」を大事にすること、です。

たまに「楽しいこと」を絶やさないように頑張ろうとする人がいますが、同棲したからこそ、どうでもいいことの積み重ねができるわけですし、そこに価値を感じてほしいのです。自分の人生をそばで見ている人がいること、その貴重さを、よく感じてみてください。

同棲のコツ6:やらなかったことに文句を言わない

できるだけ「どうしてこうしなかったの」という文句を言うのはやめましょう。例えば彼氏が居酒屋に寄って帰ってきたとして、「どうして私が風邪ひいてるの分かってて、早く帰ってきてくれなかったの?」と言うのはできるだけ避けましょう。居酒屋にいったことが良かったとは言いませんが、何も言っていないけど察しろ、考えろ、常識的に行動しろ、というのはとても精神負担の大きいことなのです。ちゃんと「風邪ひいてるから早く帰ってきて」と伝えるほうが良いですし、責めずに「風邪ひいてるから早く帰ってきてほしかった」などと後から伝えるだけにしましょう。

やらなかったことに文句を言い過ぎると、とても相手を疲れさせます。ちゃんとコミュニケーションを取ることが大事ですし、「察しろ。言わなくてもやれ」は極力減らしましょう。

逆に、相手が「独断で良かれと思ってやったこと」にも、できるだけ文句を言うのはやめましょう。それが的外れだとしても、積極的なミスを責めると思いやりや積極性がなくなっていきますから(委縮しますから)、それは黙って受け入れましょう。まぁ相手の欲で勝手にクルマを買ってきたとか、度を越したものまで受け入れろとは言いませんが。

その他、同棲のコツ

とりあえずここまでに記したことを意識して共有してみてください。他にもありますが、わりと当たり前のコンセプトでもありますから、あとは箇条書きでまとめます。

◆感謝し合う。些細な「ありがとう」を言う。醤油を取ってもらっただけでも言う。
◆一人の時間も大事にする。尊重する。
◆たまには外でちゃんとデートする。どうでもいい日常も大事だが、楽しいことも企画する。
◆普段からよく話し、コミュニケーションを取る。

ぜひ温かい同棲生活をお楽しみください。

≪同棲と親への挨拶

※本サイトは、読み流すだけで成長する「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。相談すれば回答があるかも?

【SNSでの共有】
+シェア用テキスト+
テキストエリアをタップする
だけでコピーできます。
send to Twitter send to Facebook send to Mixi other
フェイスブックでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「シェア」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了




cancel 閉じる
mixiでこのページについて共有する場合は、以下をコピーしてから「mixiチェック」の際に貼りつけると伝わりやすくて便利です。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


send to mixi
cancel 閉じる
ブログやメール、その他のSNSでこのページについて共有したい場合は、下記のテキストをコピーすると便利です。どうぞご利用ください。

【コピー用テキスト】
※テキストエリアをタップするだけでコピー完了


cancel 閉じる
 
同棲について:TOPへ戻る